浜中ナット株式会社

HOME > 沿革

昭和21年 4月 濱中製鎖工業(株)内でナットの製造を開始
  29年 2月 濱中ナット(株)として独立
  35年 2月 丸製ナット全国シェア36%を占め第一位となる
  37年10月 オランダ・ネドシェロフ社、西ドイツ・ナタップ社と技術提携し、連続ナット製造プロセスを導入
  39年 5月 ファンティルナットの製造販売を開始
  44年 2月 スイス・ハテバー社よりパーツフォーマーを導入、熱処理炉・タッピング工場の新築を行い、 規格・寸法別に管理面の確立を計ると共に特殊分野への開拓を図る
  48年11月 JIS B 1186 摩擦接合用高力六角ボルトセット用六角ナットのJIS表示許可を受ける
  49年11月 JIS B 1181 六角ナットの表示許可を受ける
  49年12月 濱中ナット営業部を分離。濱中ナット販売(株)を設立
  53年 6月 大型ナット設備を買収、日本ナット(株)を設立
  56年 3月 熱間フォーマーによるステンレスナット製造販売開始
  57年 1月 MW65大型フォーマーをネド社より導入し、大型ナットの量産化図る
平成元年 5月 BP-4120大径ボルト圧造機稼働開始しボルト製造開始
  元年 9月 建材小売販売拠点として第4工場を買収
   2年10月 IBM AS400コンピューターを導入、在庫販売管理体制を確立
   8年 8月 物流の合理化を図るため第3工場に全自動立体倉庫を新設
   9年 9月 MW53フォーマー増設に伴い、M20〜M33サイズの安定供給化
  10年 9月 第3工場に全自動立体倉庫を増設し需要家への納期短縮図る
  12年12月 濱中ナット(株)試験所がJIS Z 9325(ISO/IECガイド゙25)に基づいた試験所として (財)日本適合性認定協会に認定される
  15年 4月 BP-360UL圧造機稼働開始し長尺ボルト生産開始
  18年 4月 棒鋼の連続焼入れ、焼戻し、渦流探傷、設備竣工
  19年 8月 切削加工工場竣工、全自動立体倉庫を増設
JIS B1180六角ボルト(附属書1)のJIS表示許可を受ける
  19年10月 日本ナット(株)全自動立体倉庫を増設
  23年 3月 JIS B 1220 附属書六角ナットの表示許可を受ける